マインドとは?同じ「心」の意味の言葉との違いも紹介!

ビジネスシーンでよく使われる「マインド」という言葉ですが、皆さんは正確な意味をご存知でしょうか?「成功者のマインド」などと言われますが、「メンタリティ」や「ハート」、「スピリット」などの言葉と混同している方が多いかもしれません。この記事では「マインド」という言葉の正確な意味と使い方について解説していきます。

「マインド」とは何か


まずは、「マインド」という言葉の意味から詳しく見ていきます。

英語を直訳すると「心」や「精神」のこと

「マインド」というカタカナ語は英単語の「mind」から来ており、「心・精神」といった意味合いです。肉体の対義語としての「精神」や正常に理性を働かせている状態の「心」を指しています。

成功するために必要な考え方や心の状態

ビジネスで使われる「マインド」というカタカナ語は単なる「心」というだけではなく、「成功するための心がけ」といった意味で使われます。キャリアアップや事業の成功などを目指す上で、必要な考え方や意識すべきことの総称として「マインド」と呼ぶことがあります。

マインドとメンタルの違いは品詞

「マインド」と並んでよく使われるカタカナ語として「メンタル」というものもあります。「彼はメンタルが強い」などど使われ「精神・精神力」といった意味を指します。

「マインド」という言葉を「メンタル」に置き換えても違和感がないかもしれませんが、語源となった英単語ではきちんと使い分けがされています。「mind」が名詞であるのに対し、「mental」はmindの形容詞系です。よって、「精神の、知能の」といった意味になります。

マインドとハートの違い脳と心臓

また、「ハート(heart)」という言葉も「心」という意味を持つ単語です。意味が重複する部分がありますが、「mind」が「理性や知力を働かせる意味での”精神・心”」を指すのに対して、「heart」は「感情の発信源である”心”」を指します。

例えば、「感動的な話に心が揺さぶられた」という文を英訳する際、「心」の部分は「heart」を使いますし、「検討の結果、彼は心変わりした」であれば「mind」を使います。つまり、感情の発信源としての「心=心臓」であれば「ハート」で、頭脳や精神を指す「心=脳」であれば「マインド」が適切となります。

マインドとスピリットの違いは知性か魂か

「スピリット(spirit)」という言葉も「精神」と訳されますので、混同しないように注意が必要です。「スピリット」は精神という意味以外にも「魂・心意気」という意味でも使われます。

よく、格闘技などで「ファイティングスピリット」と言いますが、これは「闘志」という意味で使われており、「ファイティングマインド」とは言いません。「スピリット」には「魂・気・・合」という誇り高いようなニュアンスが含まれますが、マインドは理知的なニュアンスのため、それぞれ使い分けられています。

「マインド」の使い方


次に、「マインド」という言葉の使い方について解説していきます。

〇〇マインドを発揮する

よく使われるケースとしては「○○マインドを発揮する」というものが挙げられます。例えば、「ホスピタリティマインドを発揮する」であれば、顧客に提供するサービスの質を高めるための考え方を実践していくといった意味です。

他にも、「リーダーシップを発揮するためのマインド」のように使われることもあります。この場合は、リーダーとして社内メンバーや取引先に主体的にアクションを起こしていくための意識、心がけ」という意味です。

「マインド」のつく言葉


続いては「マインド○○」のようにマインドのつく言葉をご紹介します。

マインドマップ

マインドマップは、ノートに書き込む際や物事を整理して記載する際の手法の一つです。主題となるテーマを紙の中央に書き、そこから関連性のあることがらを放射状につなげていきます。図や色を多用しやすいため、アイデアを出しやすかったり、記憶力が上がったりするなどのメリットがあります。

マインドシーカー

マインドシーカーとは、ゲームを通じて超能力を開発することができるファミコンソフトです。「透視」や「念力」、「予知」といった選択式のミニゲームを進めていき、用意されたミニゲームを全てクリアすることを目指します。

マインドストーム

正式にはMINDSTORMSという製品で、レゴブロックなどで有名なレゴ社の商品セットです。モーターを搭載したブロックや、センサーなどを組み合わせてロボットを作るためのものです。

マインドフルネス

マインドフルネスとは、「リラックスして研ぎ澄まされた状態」やその状態を目指すためのプロセスを指します。雑念や無駄な思考を取り除くために、静かな場所で瞑想することなどが代表的な行動として挙げられます。

マインドフルネスによって集中力のアップや、ストレス解消などの効果があります。瞑想以外にも「ジャーナリング」や「マインドフル・イーティング」と呼ばれる方法があります。

マインドコントロール

マインドコントロールは、相手の思考や情報をコントロールして特定の結論に誘導する技術のことです。宗教的な「洗脳」のイメージとして認識されることが多いですが、心理学の観点からはテレビCMで欲望を喚起させることもマインドコントロールの一種と言われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「マインド」という言葉の意味や使い方について、しっかりと理解し状況に合わせて使えるようにしておきましょう。また、カタカナ語の場合と英語の場合では意味が異なるケースもありますので、使い分けをして更にワンランク上のビジネスマンを目指していきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る