グロースハックとは?ビジネスでの意味や使い方・例文を紹介!

IT企業では、WEBマーケティングを行う時に「グロースハック」という言葉を使うことがあります。マーケティングと似た言葉として捉えられることが多いですが、実はマーケティングにはない新たな試みが追加されているのです。そこで今回は、グロースハックについて詳しく解説し、どう行っていくのが良いかを学んでいきましょう。

グロースハックとは


ビジネス用語である「グロースハック」は、事業に携わっている人間なら耳にする機会が多いかと思います。明確な意味を解説していきます。これまであやふやな意味として捉えていた方は、しっかり正しい意味を理解していきましょう。

マーケティングの新たな概念

一般的な言葉としてあまり浸透していませんが、グロースハックは概念や定義を指す言葉です。2010年にアメリカの起業家『ショーン・エリス』が生み出した言葉であり、成長への可能性を追求し、成功させるための施策を取ることを指します。

担い手はグロースハッカー

グロースハックを達成するために、日々励む人の事を「グロースハッカー」と言います。主にWEBマーケティング担当者に対して使われ、サイトをどのようにして進化させるかを考えることが大切です。

しかしグロースハッカーは、マーケティングに尽力するだけでは成り立ちません。技術者であるエンジニアと協力しなければグロースハックは達成することができないため、グロースハッカーの能力だけでは目的を完遂することはできないと認識しておきましょう。

英語ではGrowth hacking

カタカナで表現することが多い言葉ですが、英語では「Growth hacking」と表記します。アルファベットではグロースハッキングと読めるため、正しく使い分けるためにはカタカナ表記でグロースハック、グロースハッカーと表現するのがいいでしょう。

シリコンバレーを中心に需要が高い

グロースハッカーは、シリコンバレーなどIT企業の中心地でも需要があります。シリコンバレーのトレンドは日本にも流入することが予想されます。そのため、日本でも近い将来グロースハッカーの需要が高まると考えられます。

とくにIT業界では、トレンドを集める国の施策を学ぶことを重要視されており、最新の技術をシリコンバレーから学びたいと考える方が多い傾向にあります。

グロースハックの使い方・例文


グロースハックを正しく文章で使うためには、適切な意味を理解しなければなりません。ここでは、例文を交えてグロースハックの使い方を見ていきましょう。

グロースハックの事例を集める

企業がグロースハックを成功させるためには、多くの成功事例を集めることが大事です。前例を元に成功への道を割り出しましょう。実際に成功者から話しを聞くのも良いですが、書籍などでWEBサイトの作り方や、マーケティング理論を学ぶことも大切です。

A/Bテストはグロースハックで最も重要だ

WEBサイトの全体をテストする手段として、「A/Bテスト」があります。A/Bテストとは、サイトをみる時によって、数パターンのページをランダムに表示させ、パターンごとのユーザーの反応を計測するものです。画像のサイズやテキストの見直しなどが検証されます。

グロースハックを達成するためには、自社のWEBサイトの魅力を最大限に高める必要があるため、A/Bテストがとくに重要だとされています。A/Bテストを行うためのツールは豊富に存在し、利便性の高いものを活用すれば効果的なグロースハック達成への近道となるでしょう。A/Bテストを重ねて、最適なコンテンツを作れるよう周りのエンジニアたちと協力することが大事です。

グロースハックの類語


グロースハックには、似た意味を持つ類義語「マーケティング」が存在します。グロースハックとどのように似ているのかを解説しますので、適切に使い分けていきましょう。

マーケティング

マーケティングと似た意味を持ちますが、従来のマーケティングでは広告の出稿やアクセス解析を行うのが一般的でした。しかし、グロースハックでは、従来のマーケティングに加え、サービスそのものの成長や拡散の仕組みを、サービス内に実現する必要があります。

まとめ

グロースハックは、概念を指す言葉で、具体的にどんな行動をする言葉なのかははっきりしていません。正解は企業によって違いますが、従来のマーケティングとは違いユーザーが拡散できる仕組みも取り入れることを指します。

関連記事

ページ上部へ戻る