バッファとは?意味と使うシーンについて解説!

衝撃を和らげるための緩衝物という意味を持つ「バッファ(buffer)」という言葉。エンジニアにとってはIT用語として馴染みのある言葉かもしれませんが、ビジネスシーンではいったいどのような使い方をするのでしょうか?今回は「バッファ」の意味と使うシーンについて、例文を交えて解説します。

バッファ(buffer)とは

英語の名詞で緩衝物を意味する

バッファという言葉は元々英語で「緩衝物」を意味する名詞です。つまりバッファとは、ある物と物の間に立って、苦痛や衝撃を和らげるもの(もしくは人)のことを指します。また、似たような意味の言葉として「クッション(cushion)」や「バンパー(bumper)」などがあり、どちらもバッファと同じく衝撃を和らげるものを表す言葉です。

IT用語で使われ始めた

バッファはIT分野で一時的な記憶領域を指す専門用語として使われ始めました。コンピュータの各装置はそれぞれ処理速度に差があるため、直接やり取りすると処理に時間がかかり、データを正常に出力できなくなってしまいます。このような処理速度の違いを緩和するために、バッファとして一時的な記憶装置を間に挟み、それぞれの処理速度に合わせてデータの保管、送信などを行います。この記憶装置が各装置に対する緩衝物としての役割を果たしているのです。

ビジネス用語としては余裕という意味

ビジネスの場では、バッファは「余裕」や「余力」といった意味合いで使われることが多いです。元々のバッファの持つ意味として「余裕」や「余力」などは含まれていませんが、人と仕事の間に余力を設けておくと様々な事態に対応するための緩衝材となることから、転じて使われるようになったといえます。仕事に余裕ができ他の仕事にリソースを割くことができるならば、余力があるという意味で「バッファがある」と言うこともできます。

予備という意味でも使われる

「余裕」を持たせるという意味から派生して、「予備」として余分に物を用意しておく場合においてもバッファという言葉が用いられることがあります。例えば在庫管理における用語として、想定外の在庫切れを見越してあえて在庫に余分を持たせる場合があり、この余分な在庫のことを「バッファー在庫(安全在庫)」と呼びます。現実の物を指して「バッファはあるか」などと聞かれた場合は予備があるかという意味で捉えると良いでしょう。

バッファのつく言葉


ビジネス用語としてのバッファは、その言葉単体で使用されることが多いです。しかしIT用語としては専門性が高いこともあり、状況に合わせてより具体的な表現が用いられます。そのためバッファのつく言葉もまた、そのほとんどがIT用語となります。

バッファストレージ

バッファストレージはIT用語としてのバッファの類語です。ストレージ(storage)の意味は貯蔵、保管、倉庫、倉庫の収容力、保管量などがあります。

バッファストレージはコンピュータのメモリや仮想の記憶領域など、貯蔵して記憶する機能を持ったバッファに対して用いられますが、単純にバッファと呼ばれることのほうが多いです。もしバッファストレージという表現に出会ったら、バッファを指すものだと意識しておきましょう。

プリンタバッファ

プリンタバッファはパソコンなどからプリンタへ印刷データを送る際に、印刷に合わせてデータを貯蔵しておくバッファのことです。プリンタバッファがなければ、パソコンのデータ送信速度に印刷が追い付かなくなり、正常に出力できなくなってしまいます。

プリンタバッファはITの専門用語ではありますが、プリンタの設定や不具合などにも関連してくるので、覚えておくと良いでしょう。

バッファメモリ

バッファメモリもIT用語の一つですが、大きな意味ではバッファやバッファストレージと変わりません。基本的にデータをやり取りする装置間の速度差を補う記憶装置のことを指しますが、こちらは具体的に「バッファとなる半導体メモリ装置」に対して使ったほうがわかりやすく伝わります。

よく使われるシーン

スケジュール等の時間に対して

職場などでスケジュールに余裕を持たせる場合など、時間に関係する物事によく使われます。例えば製品の納期を設定する際には、突発的な事態にも対応できるよう時間に余裕を持たせる意味合いでバッファを持たせる、と使う場合があります。

長期的なスケジュール設定に限らず、「~分前行動」を促す場合も時間的なバッファを取っておくという意味で使えるシーンの一つです。

モノを余分に持っておくようなとき

会社の資料や消耗品、部品などを不足する場合に備えて多めに持っておくときにも使うことがあります。具体的なシチュエーションで考えると、会議において参加人数が増えた場合を見越して予定よりも少し多めに資料を印刷しておく、といった状況であれば「会議資料のバッファをとっておく」のような使い方ができます。

バッファの例文

スケジュールのバッファを持たせる

「開発スケジュールは仕様変更を見越してバッファを取る」、「先方の予定に合わせられるよう日程はきちんとバッファを含めておく」といったように、想定してない出来事によってスケジュールが遅れるのを防ぐ目的で時間にゆとりを持たせる意味で使用します。スケジュール関連についてはバッファの使用頻度が高く、一般的な使い方です。

見積もりのバッファを持つ

この例文では途中でリソース不足に陥らないように多めに見積もりをしておく、という意味になります。見積もりすべきリソースとしては予算や工数に加え、人員など様々な種類があります。これらの予備をきちんと確保しておくことは重要なので、「見積もり」と「バッファ」はよく使われる組合せと言えるでしょう。

バッファをとるために事前に準備する

このような文脈の場合だと、時間や仕事の量に対してのバッファと見なすことができます。例えばプレゼンする際たくさんの質問によって時間がオーバーしてしまう、といったことが予想される場合、事前に想定される質問と答えを資料に用意するなどの準備が必要となるでしょう。事前準備によって時間的なバッファを確保したい場合などに使う表現です。

まとめ

ここまでバッファの言葉の意味や具体的な使い方を紹介してきました。ビジネスにおけるバッファの使い方をまとめると「不測の事態などを考慮して余裕を持っておくこと」と言えるでしょう。少し専門的な使い方をされることが多い言葉なので、多用すると余計な齟齬が生じやすくなります。適切な場面で使い分けてスムーズなやり取りを目指しましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る