ヒアリングかヒヤリング正しいのはどっち?リスニングとの違いも解説

英語の教材や、カウンセリングに関する言葉で「ヒアリング」という言葉を聞いたことがありませんか?人の言葉を聴くことを指すのですが、似た意味の言葉もあるため、明確に理解している方は少ないかもしれません。そこで今回は、ヒアリングの意味を詳しく解説し、類義語との違いも明確にしていきます。

ヒアリングとは?

面接,面談,kuguru,クグル,くぐる
ヒヤリングは、どんな意味の言葉なのかを解説していきます。これまで間違えた意味で捉えていた方、別の意味があることを知らなかった方は、しっかりヒアリングの意味を理解していきましょう。

正しくは「ヒヤリング」と表記する

元々「耳で言葉を聴く」ということが語源となっています。耳(ear)のことを英語では「イヤー」と言うので、ヒアリング(hearing)も正しくは「ヒヤリング」と表記するのです。ただし、ヒアリングのほうが通じるなら、無理やり表記を変える必要はないでしょう。

英語表記は「hearing」

ヒアリングを英語表記すると、「hearing」となります。しかし、この英語表記は和製英語とされているので、現地で使うと意味が通じない場合があるかもしれません。本場でヒアリングを使う場合は、「listening」と表記すると通じやすくなります。

主な意味は公聴会・聴聞会・聞こえる

ヒアリングは相手の話を聞くことだと考えられる傾向があります。しかし、本来、相手の話を聴いて情報を得る公聴会を表現する言葉でもあるのです。もちろん一般的に知られている「言語を聞き取る」という意味も指します。

ビジネスでは聴取や情報収集を指す

ビジネスシーンでヒアリングと表現する時は、言語を聞き取ることではなく、相手の話を聞いて情報収集するという意味で使われることが多いです。「クライアントの意見をヒアリングする。」「採用したい学生の不安点をヒアリングする。」といった使い方があります。

類語はリスニングやインタビュー

先に軽く触れてきましたが、ヒアリングには「リスニング」と「インタビュー」という類義語が存在します。リスニングはヒアリングの正しい表記とされ、同じ意味を指す言葉となっているのです。

言葉の意味としては似ていますが、リスニングは外国語の学習の際に使われるのが主流になります。英会話で会話を聞き取ることをヒアリングと表現することはあまりありません。

また、人に話を聞くという言葉の「インタビュー」が存在します。人から話を聞いて情報を集める目的があり、対話をすることを表します。

リスニングとヒアリングは何が違う?

OL・デスクワーク

英会話を聞き取って会話を理解するリスニングと、相手の話を聞いて情報を入手するヒアリングには違いがあります。具体的にどういったことが違うのかを詳しく解説していきますので、誤用していた方はしっかり意味を正しましょう。

リスニングの意味

大まかな意味ではヒアリングと同じように認識されています。ただし、実際はヒアリングよりリスニングの方が相手の会話に耳を傾けている状態を表しています。

リスニングとヒアリングの違い

ヒアリングは、相手の言葉に意思を持って聴こうとするのではなく、自然に聞き入れることを意味します。一方リスニングは、自分の意思で相手の会話を聴こうとする「行為」を指す言葉です。

例えば、先生の話をしっかり聞いてください、と注意する時など、自分の意思で相手の話を聞いてほしい場合はリスニングを使うのが妥当です。反対に会話が聞こえてきた、と表現するのならヒアリングを活用するのが適切でしょう。

インタビューとヒアリングの違いは?


記者がスポーツ選手などに話を聞く時は、インタビューと言います。相手の話を聞いて情報収集する目的は、ヒアリングと同じように感じるかと思いますが、双方にどういった違いがあるのかも説明していきます。

インタビューの意味

相手と対話して情報収集する目的があり、言葉のやり取りをすることで初めてインタビューは完成します。そのため一方的なやり取りでは成り立ちません。また、インタビューで得られた情報は様々な媒体で発信されるのが一般的です。

ヒアリングとインタビューの違い

ヒアリングは自然と言葉に耳を傾けることに対し、インタビューは対話をして情報収集するという違いがあります。インタビューでは自分がほしい情報を手に入れるために事前に質問事項などを考える必要があるのです。

ヒアリング(ヒヤリング)の使い方


ヒアリングのニュアンスが理解できたら、実際に使い方を学んでいきましょう。ここでは、具体的な例を挙げて解説していきます。

「ヒアリングする」

「相手の言葉に自然と耳を傾けること」がニュアンスとしては正しいです。しかし、実際は意思を持って話を聞こうとしないと会話を引き出すことはできないため、ヒアリングをするなら相手とのコミュニケーション力も必要です。

「ヒアリングを受ける」

自分がカウンセリングなどを受ける時に使う言葉です。自分から相談するのではなく、相手は自分の話を聞いて調査しようという意思があります。 

「ヒアリング力が低い」

率直に表現すると、相手の話を聞く能力が低いことを指します。相手の話をうまく引き出すことができず、求めている情報が入手できないということです。

ヒアリングがつく言葉は?


ヒアリング単体でも意味は通りますが、別の言葉と組み合わせて成り立つ用語が存在します。

「ヒアリング調査」

相手の話を聞いて調査することを意味します。ヒアリング調査は主にビジネスの市場調査をする際に用いられ、消費者の同行を探る時に使われます。「無作為に選んだユーザーに対してヒアリング調査を行う。」という使い方をします。

「ヒアリングシート」

相手の意見をより効果的に取り入れるために、事前に相手に聞くことをまとめておくシートです。主に面接や商品開発の際に調査する手段として有効になります。アンケートとほぼ同じ意味です。

「ヒアリングセンター」

主に耳にハンデを持つ方にして検査や相談を行う施設です。最適な補聴器を見つけるために支援を受けることができます。補聴器の購入の他に、補聴器のレンタルや、障害支援についての相談などのサービスを受けることもできます。各ヒアリングセンターによって実施されているサービスが違います。

まとめ

ヒアリングは、類義語とニュアンスの違いはあるものの、広い意味では人の話を聞くという意味になります。本来は相手の話が自然と聞こえてくる時に使いますが、ビジネスシーンでは相手の話を聞いて必要な情報を手に入れる時に使います。

関連記事

ページ上部へ戻る