所感の意味を解説!社会人が知っておくべき使い方とポイントとは

ビジネスシーンでは、レポートや報告関連の書類を提出することが少なくありません。その書類の項目としても使われることが多い「所感」の意味をご存知でしょうか。社会人が知っておくべき所感の使い方とポイントについて解説いたします。

所感とは

所感の意味

「所感」とは、何らかに対して影響を受けて心が動いたところを意味します。似たような言葉に「感想」がありますが、感想は思いそのものを強調する言葉になります。所感は思いを何から感じたのか、「何」という出来事や状況を示す言葉です。

ビジネスで所感を述べる場面

ビジネスシーンでは研修や出張時に、報告書に所感を添えて提出することがあります。通常の勤務でも日報を提出する時に「所感を述べる」ことを求められることがあります。ビジネスの場合、単なる感想文(良かった、悪かった)ではなく、今後につながるような反省点や改善点など所謂「気づき」となる発展的な意見が求められるでしょう。

所感の類語


次に「所感」の類語とその意味や違い、使い方について紹介します。

所見

「所見」も所感と似たような言葉ですが、所感との違いは「見た結果の判断や意見」であり、「所感」よりも客観性が高いと言えるでしょう。

考察

「考察」とは、物事に対して調べたり分析したりした結果、物事を明らかにするために深く考えることを意味します。自分なりに考えたことを言うので、「所感」と違い、精密で重要な意見を述べる場合に使われます。

所感はなぜ必要なのか


ビジネスシーンで「所感」が使用される理由はどこにあるのでしょうか。「所感」はなぜ必要であるのか説明していきます。

反省点や改善点に向き合う

「所感」は、仕事の中での「気づき」になるものと言えるでしょう。日報や報告書が単なる記録にならないために、「所感」は不可欠です。記入者が仕事での反省点に気づき、改善する意識を持つきっかけにもなります。

コミュニケーション

「所感」を報告することは、職場内におけるコミュニケーションにも有効です。上司にとっては、「所感」の内容次第で部下が何に対して問題を抱えているのか、仕事の理解度などの把握ができ、また考えそのものを共有できるということも利点があります。

所感の書き方・構成のポイント


報告書などに記載する「所感」の書き方・構成のポイントについて紹介します。

誰に書くのかを考える

「所感」を考えることで、重要なポイントは自分以外の誰に書くのかを考えることです。確かに「所感」は自分へのフィードバックという意味もありますが、上司への報告やチーム内での情報の共有という意味もあります。対象を考えておくことで、内容も変わってくるでしょう。

まずは結論を先に書く

ビジネス書類においても言えますが、まずは結論を先に書くと良いでしょう。多くの仕事を抱えるビジネスマンにとって、優先順を考えることが求められます。そのため結論を先に書くことで、何について書いてあるか目安が付きやすくなります。

できるだけ簡潔にまとめる

「所感」は結論を先に書くことと同様に、できるだけ簡潔にまとめることも必要です。目安としては3行ほどで、結論と要点に絞って書くだけでも機能します。詳細情報は他の項目での記載や関連資料として添付をするなどして、短くて分かりやすく書くことを心がけましょう。

所感文の例文


「所感」を記載する報告書は、出す相手や目的に合わせて変わりますが、ビジネスシーンそれぞれに応じた所感文の例文について紹介します。

日報

日報における「所感」は、仕事における気づきを見出すことに役立ちます。

例えば「今日は外回りの仕事を5件こなして契約も取れました。事前にプレゼンの資料を数種類用意しておいたことで、余裕をもってお客様の対応が出来たと思います。今後も事前準備を欠かさず行動したいと思います。」など、仕事の振り返りや改善点や良かったこと、今後も活かせるアイデアを記載すると良いでしょう。

研修報告書

研修報告書で「所感」を記載するポイントは、研修で何を学んで欲しいのか、会社が求めていることは何かを捉えることです。

例えば、研修で接客を学んだ場合、「研修を受けて、お客様に接する態度や言葉遣いが適切ではないことに気づきました。無意識に怠っていた部分を振り返り、今後の業務に活かします。」といったような、研修での学びと、自身が感じたことを記載すると良いでしょう。

出張報告書

出張報告書を作成するポイントは、事実、目的、意見を記載することにつきます。まずはわかりやすく事実を報告したうえで、目的に対する結果や意見を述べることが大事です。

例えば「A社が主催する展示イベントにてブースの作成及びヘルプを行いました。販促品を配布することが目的でしたが、来場者数が多く、グッズが不足しました。途中でグッズ追加などを想定した準備も今後必要と判断しました。」など、出張で得られた成果や課題を記載すると良いでしょう。

まとめ

今回はビジネスで書類に用いられることが多い、「所感」という言葉について紹介しました。仕事を確実にこなすためには、自身の「気づき」を持って経験を積むことが重要です。次の仕事に結びつくような「所感」を書くことができると良いでしょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る