「研鑽」の意味とは?英語での表現と使い方や類語の紹介も

「日々研鑽を積む」「自己研鑽に努める」等、少し難しくて堅苦しい表現に感じますが、ビジネス用語としても活用されているのが「研鑽」です。ここでは「研鑽(けんさん)」について、意味や例文も交えて、詳しく解説していきます。ビジネスシーンでうまく活用できるようにしていきましょう。

「研鑽」の意味は?

技術や能力を向上させること

技術や能力のレベルアップを目指す姿勢を表します。ビジネスマンに限らず、職人や技術者が、その技を磨くために、日々努力を怠らない事を表現するとき、「日々研鑽を積む」などと表現します。コツコツと腕を磨き、向上していく様を表現する言葉が「研鑽」です。

物事に懸命に取り組むこと

「研鑽」は、真剣に、懸命に取り組む姿勢も表しています。「研鑽に励む」など、一心に努力する様を表現するのにも、この言葉を使います。

学問などを深く究める

ただの学習ではなく、深く学問を究める時にも、「研鑽」を使うことができます。受験や就職など、目的を達成するための勉強や技能習得というより、学術的な探求や、哲学的考察、職人技を究めていく過程の学ぶ姿勢を表現しています。

漢字の意味は?英語ではどう表す?

「鑽」の意味も物事を深く究める

普段あまり見慣れない漢字です。読みと意味は以下の通りです。

音:「サン」
訓:「うが-つ、き-る、きわ-める」

意味①穴をあける。うがつ。
意味②物事を深く究める。

「鑽」という字には、物事を深く究めるという意味が含まれています。そこに「研く(みがく)」という文字をつけるのですから、「研鑽」は技術や能力、学問を深く極めていく様を表現していることが分かります。

devote oneself to one’s studies

英語で「研鑽を積む」は、devote oneself to one’s studiesと表現します。直訳すると、一心に勉強する、勉強に熱中する、研究に打ち込む、等の意味です。これを意訳すると、「研鑽を積む」という意味になるわけです。

devote oneself to~には、~に身をささげる、~に専念・没頭・熱中する、という意味があります。これにone’s studiesと表記して、研鑽を積むと表現することができます。

「研鑽」の使い方・例文

日夜、研鑽を積む

毎日、昼も夜も努力し続ける様を表現しています。学問や、技術・能力を究めるために、寝る間を惜しんで磨き続け、道一筋に努力を重ねていく様子です。

例文
○大学時代には、放送サークルで日夜アナウンス技術の研鑽を積んでいた。
○新しい技術の構築についても日夜研鑽を積み、実地訓練を欠かさなかった。
○仕事をしながらも日夜研鑽を積み、海外留学のチャンスをつかみ取った。

自己研鑽に努める

自分の力で努力し続けたり、自分を向上させたりする様を表します。自分が既に身に付けている能力などをより高めるために努力することを言います。

例文
○プロジェクトリーダーとして牽引できる人間になるために、自己研鑽に努める。
○高度な専門性の追究と日々の自己研鑽に努め、連携したチーム医療を実現することが求められる。
○宝石研磨の技術を究めんと自己研鑽に努めるうちに名声が高まり、気が付けば世界を代表するジュエリーデザイナーになっていた。

「研鑽」の類語は?

腕を磨く

今よりももっと上手になるために練習したり、努力したりすることです。「研鑽」よりは日常的で、柔らかい表現です。趣味等の技術を高めるような場合によく使用されます。

例文
○家族に美味しい食事を食べさせたくて、料理の腕を磨く。
○DIYの腕を磨くために、休日はホームセンターへ足しげく通う。
○オートバイの運転技術を磨いて、ツーリングを楽しむ。

探究する

物事の意義・本質などを探って、見極めようとすることです。そのための調査や研究に没頭する様を意味します。

例文
○我々人類の生命の神秘を探究する。
○物理学を日々探究している。
○独創的な実験的方法を画策して一歩一歩その探究の歩を進めていく。
○自然の探求に情熱を燃やす。

精進する

ひたすらに努力し、励むことです。特に、仏教の修行に日夜励むことと、心のはたらきを意味しています。

本来は、仏教用語で、肉食を断つことや、一定期間身を清めて行いを慎むこと等の意味です。これが転じて、集中して一つのことに努力すること、という意味も生まれました。

例文
○寝る間も惜しんで研究に精進する。
○日夜精進し続けることで、成功を収めることができた。
○これからも世の中に貢献できるよう日々精進してまいります。

まとめ

「研鑽」は日常ではなかなか使うことが少ない言葉ですが、ビジネスシーンでは、会社や自身の努力の様子を表現するには、重みがあり適切な表現です。しっかりと意味や使い方を把握して、上手に使いこなせるようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る