ジャストアイデアとは?ビジネスでの意味や英語表記、使い方を解説!

ビジネスシーンにおいては様々なカタカナ語が使われますが、皆さんは「ジャストアイデア」という言葉をご存知でしょうか?「これはジャストアイデアなのですが、○○が〜」というように前置きの言葉として使われます。この記事では「ジャストアイデア」という言葉の意味や使い方について詳しく解説していきます。

ジャストアイデアとは?


まずは「ジャストアイデア」という言葉の意味について説明します。

意味は思い付き、ふと頭に浮かんだ事

「ジャストアイデア」とは、「単なる思い付き」「ふと頭に浮かんだものごと」という意味です。深く検討したアイデアではなく、その場で閃いたことを披露する際に使われます。「思い付きですが」と言ってしまうと思慮が浅いと捉えられる可能性もあるため、カタカナ語を使うことでスマートな雰囲気を出すために使用されることもあります。

ビジネス上で使うit用語の和製英語

「ジャストアイデア」はIT業界で使われる事が多く、英単語の「just」と「idea」を組み合わせたものです。この「just」は「ちょうど〜」のような「タイミングが良い」という意味ではなく、「ただの」という意味で使われています。「idea」はカタカナ語としても使われており、「アイデア、考え、思い付き」といった意味になります。

これらを組み合わせて、「ただの思い付き」という言葉を英単語に置き換えたものが「ジャストアイデア」になりますが、英語の文法として誤りです。英語の場合、正しくは「just an idea」となり、「just idea」では伝わらない場合もありますので、和製英語であることを認識しておきましょう。

英語で記す時は間に「an」を入れる

上記の通り、英語での正しい表現は「just an idea」となります。英語の文法として、「idea」という名詞の前には「a」「an」「the」といった冠詞と呼ばれる単語を付けなければいけません。

また、「just an idea」だけでは文章として不完全ですので、主語と述語を加えて「It’s just an idea.(これはただの思い付きだ)」のように使います。他にも、「It’s just an idea,but〜」のように接続詞「but」を使って「これはただの思い付きだが、〜」のように文をつなげていく使い方もあります。

他にフラッシュアイデアとも呼ばれる

「ジャストアイデア」と同じ意味で、「フラッシュアイデア」という言葉も存在します。「フラッシュ」は「ひらめき」という名詞の意味と「瞬間的な」という形容詞の意味のどちらも持っています。よって、「フラッシュアイデア(瞬間的な思い付き)」と使われますが、単に「フラッシュ(ひらめき=たった今思いついたこと)」だけでも同様の意味を示します。

ジャストアイデアを使われる場面は?


次に、「ジャストアイデア」という言葉がどのような場面で使われるかを詳しく見ていきます。

主に発言した事に自信や根拠がない時

前述の通り、「ジャストアイデア」は「思い付き」といってしまうと咎められそうな場面で使われることが多いです。ですので、少し重い雰囲気の会議などで発言を求められた場合に、「ジャストアイデアですが〜」と前置きする形で使います。

また、自分の発言や意見に対して自信がないときは、「思い付きなので根拠が乏しいですが」と前置きすることで、深い追求や反論を避けるために使われることもあります。

周囲から言われた場合は低評価を指す

また、自分自信の発言に対して相手から「ジャストアイデアだ」と言われた場合は、「根拠が足りない、思慮が浅い」と指摘されていることになります。上司や目上の人に対して、「それはジャストアイデアですね」と言ってしまうと、けなしていると受け取られてしまうので注意が必要です。

ジャストアイデアの正しい使い方は?


それでは実際に、どのような会話の流れで「ジャストアイデア」という言葉を使うのか、例文をご紹介していきましょう。

「ジャストアイデアですが…」

「売上が低迷しているが、何か改善策はありますか?」
「ジャストアイデアですが、製品のパッケージをリニューアルするのはどうでしょうか?」

この場合は、売上が低下している原因がパッケージにあるかどうかは深く分析していないものの、パッケージのデザインに課題があるという発言になります。本来であれば、課題に対する原因をしっかりと調査した上で改善策を上げますが、発言に自信がないため「ジャストアイデアですが」と前置きをします。

「~ジャストアイデアですが。」

「新製品のプロモーションについて、いくつか案を挙げてください」
「テレビCMよりも電車を中心に広告を出すのはどうでしょうか。サラリーマンを狙った商品なので、電車広告の方がより効果的かと思います。ジャストアイデアですが。」

このように、意見の最後に「ジャストアイデアですが」と付け加えることもあります。倒置法としての使い方ですので、より「ただの思い付き」ということを強調する表現になります。

まとめ

「ジャストアイデア」という言葉の意味や使い方、使用シーンについてご理解頂けましたか?カタカナ語として使われますが、英語ではそのままだと伝わりませんので、注意が必要です。この言葉の正確な意味や使い方をしっかりと理解して、状況や相手に合わせて正しく使えるようにしていきましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る