「当該」と「該当」はどう違う?意味と使い分け・例文を解説

「当該」と「該当」、どちらもビジネスシーンではよく目にする言葉です。しかし、この二つの言葉の違いや意味を、正確に答えられる人はいないかもしれません。文字の順番が逆になっただけで、なんとなく同じような意味に思えて、適当に使ってしまうこともあるでしょう。二つの言葉の正しい使い方や、意味について確認しましょう。

そもそも「当該」と「該当」の意味とは?

「当該」は「その」

「当該」を辞書で調べると、“それにあたる”、“そのことに関係のあること”とあります。「当」も「該」も、当たる・当てはまるという意味です。「当該」とは、前提として、まず前文があり、その前の文で述べた内容に直接関係のある事、話題になっている対象を指す時に使う言葉です。例えば、

「就職活動では、企業に応募する際に、当該企業について入念に調べておくことが大切だ」

この文章では、「当該企業」は、直前の「企業」という言葉を指しています。「当該」という言葉は、「その」に置き換えてみるとわかりやすくなります。

例)

  • 当該企業→その企業
  • 当該日→その日
  • 当該案件→その案件

「該当」は「条件に当てはまる」

「該当」を辞書で調べると、“ある条件・資格などに当てはまること”“適合すること”とあります。一般的には、「該当する」など、「該当」の後ろに「する」をつけて、「当てはまる」という意味の動詞として用いることができ、ある条件に当てはまる対象を指すときに使う言葉です。

「当該」と「該当」が混同してしまい、使い方に悩んだ場合は、「該当する」を「当てはまる」という言葉に置き換えてみると、分かり易くなります。

例)
「該当する商品」→「“当てはまる”商品」
「該当する人物」→「“当てはまる”人物」

「当該」はどんな場面で使われる?

かしこまった場面で使われる

「当該」は、主に官公庁などが発表する文章など、かしこまった場面で使われることが多く、使われ方としては、「当該事件」、「当該職員」、「当該案件」などがあります。また、ビジネスシーンでは、改まった報告書などでもよく見受けられる言葉です。

さらにその他には、「当該選手」や「当該試合」など、スポーツのルールブックでも使われています。

話し言葉ではあまり使われない

「当該」は、官公庁などのかしこまったところから出る文章に用いられることがほとんどで、話し言葉として使うことはまれです。話し言葉として使うには堅苦しすぎる表現ですので、「その」や「例の」などに置き換えて話した方が、より自然な印象になります。

「当該」と「該当」の使い方の違いは?

「当該」は後ろに名詞が付く

「当該」は、「当該です」「当該します」などと、単体では使うことは基本的にありません。「当該年度」、「当該施設」、「当該選手」などのように、「当該」の後ろには、主に他の名詞を付けて「当該○○」と用いるのが一般的です。まず前文があり、再度同じものについて言及する際に、前文と同じ言葉を繰り返さず省略して指す代名詞的な形で用います。

「該当」は「該当する」の後ろに名詞

「当該」が、後ろに名詞を付けて形容詞的に使うのに対し、「該当」は、「該当する」と動詞として表現されることが多いです。「該当する年度」、「該当する施設」、「該当する選手」など、「該当する」の後ろに名詞を付けて使います。

「該当」を使う時の注意点とは?

「該当」の後ろに名詞が付くケースもある

まれなケースですが、「該当者」などのように、「該当」のすぐ後ろに名詞を付ける言葉も例外としてあります。本来、「該当」と「者」の間に「する」などの動詞的な役割をする言葉が省略されているパターンです。

「該当する」に直す方が分かり易い

「該当施設」など、「該当」のすぐ後ろに名詞を付ける表記も、用法として間違いではありません。ただし、紛らわしく違和感を覚える人もいますので、この場合は、「該当する施設」と表現した方がより分かり易くなります。

「当該」・「該当」を使った例文

「当該」を使った例文

「当該商品の回収を致します」
「当該案件につきまして、皆様にご意見をいただければと存じます」
「こちらが当該施設の案内図です」

「該当」を使った例文

「該当する商品をお買い上げのお客さまはお申し出ください」
「ご希望の条件に該当する製品はこちらです」
「該当する物件についてお調べいたしました」
「申請者が次のいずれにも該当しないこと」

まとめ

「当該」も「該当」もとても紛らわしい言葉です。しかし、似ているからと、なんとなく使ってしまうことで、思わぬ誤解を招くなどトラブルの原因になることもあります。正しい文章力や語彙力を身につけることは、社会人としても大切にしたいところです。この機会に、二つの言葉の違いや使い方をしっかり理解して、ぜひビジネスシーンで役立ててください。

関連記事

ページ上部へ戻る