サラリーマンが個人事業主で副業すると?確定申告や節税の方法を解説

最近は副業を行っているサラリーマンも多く、人によっては本業より副業の方が稼ぎが大きいということもあるようです。そのため副業に興味がある方も多いのではないかと思いますが、この記事ではサラリーマンが個人事業主として副業した場合はどうなるのかみていきたいと思います。

個人事業主とは?

個人で事業を行っている人のこと

個人事業主とは、個人で事業を行っている人のことを指す言葉です。その仕事が本業であれ副業であれ、「個人」で「事業」を行っている人を指すため、サラリーマンが副業を行っている場合でも個人事業主とみなされます。

副業でも個人事業主として開業可能

上述した通り、副業でも開業することは可能であり、その場合は個人事業主とみなされることになります。しかし、アルバイト等雇用される労働や収入や仕事が継続・反復しない場合は通常個人事業主とは認められません。

年末調整は関係ない

年末調整は、給与を支払う会社と従業員の間で行われるものになるため、個人事業主とは関係ありません。しかし、個人事業主として従業員を雇っている場合は年末調整が必要になるケースもあるでしょう。

個人事業主になるとどうなる?

社会保険と税金について

個人事業主として加入できる社会保険は国民年金と国民健康保険です。しかし、副業として個人事業を営んでいる場合は勤めている会社の社会保険にそのまま加入し続けることが可能です。税金に関しては、会社から得ている給与に事業で得た所得を加算して計算することになります。

事業所得で申告できる

サラリーマンの副業で得た所得は基本的には雑所得に分類されますが、開業届を提出している場合は事業所得として申告することが可能です。事業所得は雑所得より認められる経費が多くなり、節税に繋がる可能性があります。

損益通算を行える

事業所得として申告する場合、損益通算が認められている点もポイントです。事業所得が赤字になってしまった場合はその赤字分を給与所得から差し引くことができるため、結果的に節税に繋がるでしょう。

家族への給与を経費にする事ができる

個人事業であれば家族への給与を経費にすることが可能です。申告方法の種類によって額は異なりますが、どちらにせよ給与を支払うことで課される税金を抑えることができるでしょう。

雇用保険に加入できない

個人事業を営んでいる場合、個人事業主本人は雇用保険に加入することができません。また、勤めている会社を退職した際に個人事業を営んでいる場合は失業状態とはみなされないため、失業保険を受給することができない点にも注意が必要です。

個人事業主の確定申告について

白色申告

個人事業主が開業届を出した際には自動的に白色申告が選択されています。白色申告は青色申告ほどの節税効果はありませんが、その分簡易的な記帳ですむというメリットがあります。

青色申告は節税に有利

対して、青色申告を選択していれば、節税のための様々な特典を受けることができるでしょう。複式簿記の青色申告を選択することで特別控除を受けることができたり、赤字を3年繰り越せたりします。青色申告を行うためには、税務署に「所得税の青色申告承認申請書」を提出しなければなりません。

個人事業主の注意点

副業禁止の会社でバレる可能性がある

副業を解禁する会社が増えつつありますが、未だに副業禁止を謳っている企業が多いのも事実です。こっそり副業をしていても、様々なルートからバレてしまう可能性があります。

会社は従業員の給与から所得税等の税金を源泉徴収する義務があるため、自治体から納税すべき金額が記載された「特別徴収税額通知書」を受け取ります。そちらを見ることで、本人にどのような所得があるかは一目瞭然となってしまうため、事業所得にチェックが入っていれば言い逃れはできないでしょう。

上記が全ての自治体に該当するわけではありませんが、事業所得を申告しなければならない際には予め会社に確認しておいた方が良いかもしれません。なお、雑所得にチェックが入っている分には不用品をオークションで売却した等の可能性があるため、必ずしも副業に繋がるわけではありません。しかし、余計なリスクをさけるためにも、事業所得同様会社に確認しておいた方が良いでしょう。

開業届の業種記載に注意

開業届を提出する際には業種を記載する必要があります。もし事業所得が年間290万円を超えた場合は個人事業税を支払う必要があるのですが、業種によって税率が変わってしまうため、慎重に検討して記載した方が良いでしょう。

まとめ

サラリーマンが個人事業主として副業を行った場合は節税等のメリットも大きいです。副業が解禁されている会社であれば問題はないのですが、厳密に副業が禁止されている会社の場合、リスクを減らすためにも予め確認しておいた方が良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る