フリーランスとフリーターは違います。自由な働き方に転向する方法

フリーランスとフリーターはよく似た言葉ですが、実際には全く異なる存在です。どちらもフリーという言葉が入っているため、比較的自由なワークスタイルになるのですが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。この記事では、フリーランスとフリーターの違いや共通点等を見ていきたいと思います。

フリーランスとフリーターの違い

フリーランスは会社に属さない働き方

フリーランスとは、会社に雇用されず独立して働くワークスタイルのことを指します。フリーランスとして働いている人が多い職種にはデザイナー、エンジニア、ライター、編集者等があります。

フリーターはバイトやパートで生計

フリーターはバイトやパートで生計を立てるワークスタイルのことを指します。フリーランスとの違いは、会社に雇用されているかどうかといった点です。なお、フリーターはフリーアルバイターの略であり、無職とはまた異なります。

フリーターにないフリーランスの魅力

フリーランスは会社に雇用されておらず、自分の裁量で働くことが可能です。そのため、時間や場所に縛られることなく自由な感覚を持つことができるでしょう。また、誰と一緒に働くか、どの業種で働くかといった点を決めることができるのもフリーランスの魅力の一つです。

フリーランスとフリーターの共通点

収入がコントロールできない

フリーランスとフリーターの共通点としては、収入がコントロールできない点が挙げられます。どちらも仕事内容や時期により収入が変動してしまうため、計画的に仕事をする必要があるでしょう。

生活が不規則になりがち

会社のように定時という概念がなく時間の管理が難しいため、生活が不規則になってしまうのも共通点の一つです。生活が不規則になってしまうと心身に思わぬ悪影響を招いてしまう恐れがあります。

余裕があれば副業も可能

フリーランスもフリーターも会社員のように副業禁止規定があるわけではないため、余裕があれば副業も可能です。1つの仕事内容にこだわることなく、複数の仕事にチャレンジできるのはメリットと言えるのではないでしょうか。

フリーランスとフリーターの相違点

成果報酬と時間給

フリーランスとフリーターの違いの一つとして、成果報酬か時間給かという点が挙げられます。フリーターは時間によって給与が支払われるため、仕事範囲も限定的になり、収入に天井があると言えるでしょう。

専門知識や実績の必要性

そして、専門知識や実績の必要性の有無も相違点として挙げられます。フリーターは専門性を追求できる環境にはないことがあるため、確たるキャリアやスキルを獲得するのが難しい場合があります。

請負契約と雇用契約

労働の契約形態も両者で異なります。フリーランスの主たる契約形態である請負契約であれば、仕事をする時間や場所が自由になるため、自分に適した環境で仕事をすることができるでしょう。

有給の有無

フリーターは要件を満たせば有給の申請が可能ですが、フリーランスには有給は存在しません。そのため、フリーランスが仕事を休んだ場合はその分収入が減少してしまう恐れがあります。

確定申告の有無

フリーランスには確定申告の義務が課されているのも両者の相違点として挙げられるでしょう。そのため、フリーランスは本業とは別に確定申告手続きの業務も行わなければなりません。

フリーターからフリーランスになるには

得意なことや好きなことが仕事になる

現在フリーランスの仕事は増加中であり、初心者でもスキルや経験を獲得する方法がいくつも存在します。一例としては、通信講座やクラウドソーシングサイト等が挙げられるでしょう。

安定するまで根気と労力が必要

フリーランスは仕事の実績で評価される世界であるため、安定するまでは根気と労力が必要です。そのため、軌道に乗るまでには少々大変な時期があるかもしれません。

自分の培ったスキルでフリーを楽しむ

フリーランスは自分のスキルや能力次第で収入が天井知らずになります。また、働く時間や場所等も自分で好きなように決めることができるため、スキルさえあれば仕事もプライベートもしっかりと楽しむことができるでしょう。

フリーターは収入にも上限があり、決まった時間に決まった場所で働くワークスタイルです。その分フリーランスに比べると安定はありますが、自由を求めて自ら稼ぐフリーランスに転向するというのも一つの選択肢になるでしょう。

まとめ

一昔前に比べると、現在はフリーランスが仕事をしやすい環境が構築されてきているのではないでしょうか。一例を挙げると、クラウドソーシングサービス、チャット等のコミュニケーションサービス、オンラインのスキルアップ講座等があります。これらを利用し、最初は副業からフリーランスを目指してみるのもお薦めです。

関連記事

ページ上部へ戻る