独立するには?独立しやすい条件や仕事の種類、国の補助金を解説

現在はフリーランスや自営業も増えており、独立することが昔に比べると容易になっているのではないでしょうか。この記事では、独立を考えている人のために独立しやすい条件や業種、そして受けることのできる補助金等をご紹介します。

独立しやすい条件

低予算でスタート可能

独立するためにはオフィスの家賃や設備投資等大きな予算が必要になる場合もありますが、業種によっては低予算でスタート可能なものも存在します。独立して上手くいくかどうかはやってみなければ分からない部分が多いため、まずは低予算でスタートできる業種を選んだ方が良いでしょう。

事務所や店舗を必要としない

上述した通り、事務所や店舗を構えるとなるとレンタル料金が発生します。地代は毎月定額を支払う必要があるため、コストがかさむというデメリットがあります。独立を考える際は、なるべく事務所や店舗を必要としないワークスタイルを構築しましょう。

需要がある

ビジネスというものは基本的に誰かの需要を満たし、その対価として報酬が支払われます。そのため、市場に需要がないものを仕事として成立させるのは難しいと言えるでしょう。独立する前に市場調査を行い、自分が手掛けようとしているビジネスが市場に受け入れられるかどうかを調査しておくことが大切です。

ベースとなる売上が見込める

独立した後、どのような商品をどのように売るかは自由です。しかし、事業として安定させたいのであればベースとなる売上が見込めるものを販売することをお薦めします。

ベースとなる売上が見込めるものとは、例えば有料のメールマガジン等が挙げられるでしょう。一度販売して終わりになってしまう商品ではなく、定期的に収入が得られるビジネスモデルは独立後の助けとなってくれます。また、IT系の事業者であれば週2〜3日の業務委託を受けるという手もあるのではないでしょうか。

独立しやすい仕事の種類

ライター

インターネットの発展により個人でもクラウドソーシングサービス等を利用し、様々な仕事を受注することができるようになりました。中でも、ライターという仕事は需要も大きく、またそれほど専門的なスキルを必要としない案件が多いため、比較的入りやすい業種と言えるでしょう。

ITエンジニア

ITエンジニアは現在人手不足と言われており、その流れは今後も加速すると予想されています。そのため、独立してフリーランスエンジニアになる人も多く、魅力的な案件や収入を得ることもできるでしょう。学校等で専門的なスキルを学んでいきなりフリーランスエンジニアになるという方法もありますが、多くの場合は一度会社に務めキャリアを積んでから独立します。

コンサルタント

コンサルタントも身一つで始めることのできる業種であるため、比較的独立しやすいモデルと言えるでしょう。コンサルタントとは、クライアントの売上増に寄与するためのアイデアを提案したりその実行を促す仕事です。そのため、時流をしっかりと学び、クライアントに価値ある提案ができるよう常に自分を磨いておくことが求められます。

ECショップ運営

インターネットでECショップを運営するのも独立する方法としてはポピュラーです。ECショップを運営するメリットとしては、店舗を構える必要がないことによるコスト減が挙げられるでしょう。繰り返しになりますが、独立しても上手くいくかどうかは誰にも分からないため、とにかくリスクを減らしておくことが大切です。

職人が独立するには

修行先の親方に応援される形で独立

職人が独立する場合、一度修行のためにどこかのお店に勤め、お店の親方から応援される形で独立するという形がお薦めです。自分の腕や人間性を買ってくれているのであれば仕事を回してくれる可能性もあります。その結果、Win-Winな関係を築けるかもしれません。

お客様をつかまえておく

独立する前にしっかりと自分のお客様をつかまえておいた方が良いでしょう。独立した後はゼロからのスタートとなるため、すぐに新規のお客様を確保するのは難しいものです。

開業資金を準備しておく

独立前にしっかりと開業資金を準備しておくことも大切です。独立後は何かとお金がかかるため、資金がショートしないよう気をつけなければなりません。特に、クライアントが会社の場合は実際の入金まで期間が空くこともあるため注意が必要です。

独立のための国の補助金

創業補助金

独立する際には国や自治体からの補助金を申請することも視野に入れましょう。創業補助金は新たな事業や雇用を創出する人を応援するための補助金であり、平成29年度は条件を満たすことで最大200万円までの支給を受けることができました。平成30年度は予算がまだ成立していませんが実施される予定はあるので、申請を視野に入れている方はチェックしておきましょう。

まとめ

今はクラウドソーシング含め様々なサービスがリリースされており、昔に比べると独立しやすい環境になったと言えるでしょう。しかし、いきなり独立というのはリスクが高いため、まずは副業として始め軌道に乗ったら独立するという形をお薦めします。

関連記事

ページ上部へ戻る