フリーランスは年末調整・源泉徴収票が必要?損をしない税金の知識

会社員の時に行われていた「年末調整」、フリーランスはどうしたら良いのでしょうか。年末調整では、さまざまな控除や、所得税の再計算が行われています。こちらでは、適切に控除を受けて所得税の過払いを防ぐための手続きや、年末調整・源泉徴収票の必要性について解説しています。

フリーランスは年末調整が必要?

フリーランスは年末調整ではなく確定申告

会社員は毎月の給与から所得税を控除されていますが、控除されているのは確定した額ではなく、およその概算額にすぎません。また、年度の途中で共働きの妻が専業主婦になったり、両親を扶養に入れることになったりするなど、扶養対象となる家族の状況が変わることもあります。

年末調整とは、あらためて年末に一年間の所得税の再計算をして、概算で給与から控除していた額との過不足を調整することをいいます。つまり、年末調整が必要なのは給与収入のある会社員や公務員であり、会社から給与をもらっていないフリーランスは翌年に確定申告をして、所得税を納付することになります。

サラリーマンからの転職者も確定申告

原則としてフリーランスが年末調整をすることはありませんが、年の途中に会社を辞めてフリーランスになった場合は、会社員としての給与所得とフリーランスとしての事業所得を合わせて申告しなければなりませんので注意してください。

以前勤務していた会社から源泉徴収票を受け取り、フリーランスとしての所得を確定申告するときに源泉徴収票を添付します。そして所得税を再計算することによって、正しい納税額が算出されます。

副業者は年末調整と確定申告

フリーランスとして事業をする一方、会社からも給与を受け取っている人は、年末調整と確定申告の両方をしなければなりません。会社からの給与に対してのみ年末調整を行い、計算が終わると会社から源泉徴収票を渡されますので、源泉徴収票とともに確定申告をすることになります。

なお、年末調整の際に保険料控除証明書など添付を忘れたものがあれば、確定申告で控除しても構いません。また、確定申告の期限は翌年の3月15日までとなっていますが、確定申告を忘れると延滞税や無申告税を課されるなどのリスクもありますので、忘れずに申告するようにしてください。

年末調整・確定申告それぞれの控除

所得税を支払う際、配偶者控除や生命保険料控除など、さまざまな種類の控除を受けることができます。生命保険控除などは、自分が加入している保険の情報を会社に伝えることで、控除を反映した年末調整をしてくれることがほとんどです。しかし、会社員であっても、自分で確定申告をしなければ控除されない項目もあります。年末調整で控除されるのは以下の項目です。

年末調整で控除される項目一覧(会社に申請する必要がある)

  • 給与所得控除
  • 配偶者控除
  • 扶養控除
  • 基礎控除
  • 障害者控除
  • 寡婦(寡夫)控除
  • 勤労学生控除
  • 配偶者特別控除
  • 社会保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 住宅借入金等特別控除

会社員で年末調整をしていたとしても、確定申告で申請しなければ控除されないのは、以下の項目です。

確定申告でしか控除されない項目一覧

  • 雑損控除
  • 医療費控除
  • 寄附金控除

専業フリーランスの方と、会社員で副業としてフリーランスをしている方は、確定申告の必要があると説明しました。それに加え、確定申告でしか控除されない項目の控除を受けたい方も、確定申告を行う必要があります。

フリーランスに源泉徴収票は必要?

税金などの管理のために必要

源泉徴収とは、給与から前もって税金を差し引いた額を支払うことをいいます。フリーランスでいうと、クライアントが事前にいくらかの税金を引いた額をフリーランスに支払っているという状態です。つまり、源泉徴収された収入にさらに税金を支払うと、二重に納税していることになります。こういった事態を避けるため、自分の収入が源泉徴収されているのか、何の税金をいくら支払ったのかを把握する必要があります。

フリーランスの源泉徴収の納付方法・還付申告
源泉徴収は、フリーランスのすべての仕事に適用されるわけではありません。こちらの記事では、源泉徴収の対象となる報酬の一覧を掲載しています。また、源泉徴収された税金がどのように納付されるのか、二重に納税してしまった場合に還付を受けるにはどうしたら良いのかも解説しています。

会社では年末調整をすると同じ源泉徴収票を2枚作成し、1枚を本人へ渡し、もう1枚を税務署へ提出します。会社員に対しては必ず源泉徴収票を渡すこととされていますが、フリーランスへは源泉徴収票を配布する義務はありません。

送られてこない場合

税務署で配布されている手書きの源泉徴収票は複写式となっており、市販のソフトを使って源泉徴収票を印刷する場合でも複数枚同時に作成することができるものが一般的です。

源泉徴収票が送られてこなかったとしても、会社で保管している場合もありますので、会社に連絡をして源泉徴収票や支払調書など金額の分かるものを送ってもらうようにしましょう。

前職の源泉徴収票も送ってもらう

フリーランスの所得は原則として事業所得に該当し、確定申告をすることにより所得税額が決定されます。しかし、前職があるときは前職の源泉徴収票を送ってもらうことになります。

源泉徴収票に記載されている内容を確定申告の用紙に記入をし、源泉徴収票を添付して税務署へ提出することにより、正しい所得税額が計算されます。

前職が派遣だった場合も必要

アルバイトやパート、派遣など雇用形態にかかわらず、会社から給与を受け取っているのであれば源泉徴収票は必要になります。源泉徴収票を発行していない会社もあるようですが、確定申告のときに必要になりますので、連絡をしてもらうようにしましょう。なお派遣の場合、源泉徴収票を発行するのは派遣先ではなく、派遣元である派遣会社になりますので、間違えないようにして下さい。

源泉徴収票を紛失した場合・再発行してもらえない場合の解決方法
源泉徴収票を紛失してしまった場合、どこに再発行を依頼すべきで、再発行にはどのくらいの日数がかかるのでしょうか。再発行依頼をする際の手紙のテンプレートとともに紹介しています。また、何らかのトラブルで再発行をしてもらえない時は、税務署に相談する必要も出てきますので、その流れについても紹介しています。

フリーランスから会社員になった時

年末調整と確定申告が必要

フリーランスとしての活動を終了して、会社員に転職する人もいるでしょう。年の途中で就職をして年末においても勤務している人については年末調整をすることになりますので、会社の指示にしたがって書類を提出してください。ただし、フリーランスとしての所得を年末調整で一緒に清算することはできませんので、源泉徴収票を受け取った後に確定申告をしなければなりません。

まとめ

フリーランスは原則として確定申告で税の申告と納付をすることになりますが、年末時点において会社から給与をもらっていれば、年末調整も必要です。年の途中で退職をしたときは、源泉徴収票ないと確定申告のときに税額が誤って計算されてしまいますので、会社に連絡をして送ってもらうようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る