フリーランスと起業の違いは?メリット・デメリットと転向のタイミング

会社に雇われない働き方として人気なフリーランスですが、自分で事業を開く起業家という働き方もあります。フリーランスと起業家の違いには、リスクや社会的な信用度、収入などさまざまなものがあります。また、自分が成し遂げたいことによっても、向いている働き方が違ってきます。両者の違いをおさえておきましょう。

フリーランスと起業の違いとは?

フリーランスは仕事を請け負う

フリーランスは、基本的に既存企業から業務を請け負う形で仕事を遂行します。その内容はクライアント次第で様々に変化し、また自分の特性とマッチするかどうかも考えなければいけないでしょう。クライアントの要望に応えることさえ可能であれば、働く時間や場所等は自分で自由に決めることができるのもフリーランスの特徴です。

フリーランスという働き方は、法律上では基本的に「業務委託」というものになります。業務委託で働く人は、企業と対等な立場で契約を結び、あらかじめ約束した成果物を納品する働き方をします。

フリーランスの業務委託の種類・注意点
フリーランスの働き方をして一般的な業務委託について解説しています。業務委託契約は企業とフリーランスが対等な立場で結ぶ契約であるため、契約の種類や、契約を結ぶ前に注意すべきポイントをしっかり知っておきましょう。

起業は自ら事業を創る

起業というのは自ら事業を創り、自分達で新たな価値を創出するという意味合いが強い働き方です。既存の企業から案件を受注するのではなく、自分でお店を構えたり、自分発のサービスで直接エンドユーザーと繋がることが多い印象があるのではないでしょうか。その場合、届け出が必要な業種も存在します。

フリーランスのメリット・デメリット

○ 好きな時間・場所に働ける

フリーランスのメリットとしては、まず好きな時間に働くことができるという点が挙げられるでしょう。フリーランスはクライアントの要望を満たすことができていれば、働く時間や環境、そしてどのように働くかを自分でコントロールすることが可能です。

さらに、フリーランスであれば、基本的に自由な場所で働くことができます。出社の必要がなければ、通勤のストレスから解放されるだけでなく、通えないほど遠方の会社の案件を受けることもできます。案件によっては出社の義務があるものもあるので、契約前によく確認しておきましょう。また、外出先のフリーWi-Fiを使用して働くことに関しては、情報保持の観点から注意が必要です。

○ 気軽に始められる

クラウドソーシングサイト等も普及しているため、比較的気軽にフリーランス業を始めることができます。サラリーマンをしながら副業としてフリーランスを行っている人も多く、その場合は安定した給与に加えて自分の好きな仕事ができ尚且収入も増えることが期待できるでしょう。そのように、副業からでも始められるのがフリーランスのメリットです。

× 収入が低い・不安定

フリーランスは起業に比べると収入の平均が低い傾向にあるため、不安定な働き方と言うこともできるでしょう。実際フリーランスはクライアントありきの商売と言っても過言ではなく、案件を受注することができなければ収入が立ちません。そのため好不調の波があり、大きく稼げる月もあればそうでない月もあるでしょう。

フリーランスであっても安定して案件を受けるためには、エージェントを活用するという方法があります。エージェントに登録しておけば、ひとつの案件の契約が満了して来月から仕事がないという状況でも、無収入期間が発生しないよう案件紹介をしてくれます。

フリーランス向け案件紹介サイト・エージェント
フリーランスは、自力で案件を探してきて収入を得る必要があります。その時に助けとなるのが、案件紹介をしてくれるサイトやエージェントです。こちらの記事では、ITに特化したエージェントやクラウドソーシングサイトを紹介しています。

× 社会的信頼度が高くない

フリーランスのデメリットとして、社会的信頼度が高くないという点も挙げることができます。どうしても安定的な給与を得られる会社員等に比べると融資する側に不安を持たれることが多く、場合によってはローンやクレジットカードの審査が通りにくくなってしまうでしょう。そのため、フリーランスは多額の買い物はしづらい傾向があります。

起業のメリット・デメリット

○ 高収入を得られる可能性がある

起業するメリットとしては、まず高収入を得られる可能性があるという点が挙げられます。フリーランスが自分の労働力と報酬を交換する働き方であるのに対し、起業は文字通り事業を起こしてそれに見合った報酬を社会から受け取る働き方です。

例えば、30万円で請け負ったシステムが500万円の利益をあげたとしても、フリーランスがもらえるのは30万円だけです。しかし、起業家がマーケティングや企画をした上でシステムを開発したとしたら、300万円の利益全てが自分の事業のものとなります。もちろん、利益が0円である可能性もあり、その場合は起業家の受け取り分は0円となります。

起業をすると、自分の事業が社会にどれだけ役立ったかと、マネタイズの方法で報酬が決まります。そのため、良いサービスを作れば、正社員やフリーランスとは比べものにならない高報酬を受ける可能性があるのです。

○ 社会的信頼度が高い

起業家はフリーランスとは異なり、法人に属する役員若しくは自営業者になります。そのため、フリーランスに比べると社会的信頼度が高く、ローンやクレジットカードの審査も通りやすいと言えるでしょう。勿論事業の業績にもよるため一概には言えませんが、場合によっては法人と個人の両方で融資を申し込むことも可能です。

× 手続きが複雑

会社を設立する際には勿論のこと、自営業として起業する際にも業種によっては煩雑な手続きを踏まないと認可が下りないものがあります。飲食店やクリーニング店、美容院等が例として挙げられるのですが、それらの業種で起業する場合は保健所や自治体の許可が必要になるでしょう。それに加え、税務署に開業届を提出する必要もあります。

個人が起業する前の手順や方法
個人が起業するには、事前に決定しておかなければならないこと、用意しなければならないことがあります。準備をした後に行う手続きにも、順番が決まっています。こちらの記事で手順や方法を確認しておきましょう。

× リスクが大きい

初期投資のためにある程度資金を用意する必要があり、フリーランスと比べるとリスクが大きいと言えるでしょう。例えば会社としてオフィスを借りる場合、そして自営業としてお店や事務所を構える場合は大きなコストが発生します。事業が上手くいけば良いのですが、失敗した時にはフリーランスより痛手を被ってしまう可能性があります。

フリーランスと起業はどちらが多い?

多いのはフリーランス

フリーランスと起業ではフリーランスの方が多いというデータが出ています。その理由としては、ある程度自由に仕事を行うことができ、その上でほどほどの収入が得られるからとのことです。自営業は当たれば大きいもののやはりリスクが懸念されており、それに比べるとフリーランスは自由気ままに働くことのできる印象があるのではないでしょうか。

フリーランスから起業するには?

起業する理由が必要

フリーランスと起業の間には両者を断絶する壁は存在せず、然るべき手続きを行えばフリーランスから起業することが可能です。そのような道を辿る人も多く、その理由としては「売上や収入が安定したから」「社会的信用を上げてより多くの仕事を受けたい」等が挙げられています。闇雲に起業すれば良いというわけではなく、やはり何かしらの理由にもとづいて起業するのが良いでしょう。

また、自分が実現したいことによって起業を選択することもあります。単に収入をあげるためだけではなく、「このような文化を持った会社を作りたい」「自分が働けなくなってもこの事業を継続させたい」などの理由から起業を選ぶこともあるでしょう。

起業するタイミング

フリーランスから起業するタイミングとしては、一般的に課税所得が1,000万円を超えたらと言われています。その辺りにさしかかると税務的に法人化した方が得になると言われているのですが、それ以外にも事業規模や信頼度等複数の観点から総合的に判断した方が良いでしょう。税金は得になっても、その分余計なコストがかかってしまっては意味がありません。

フリーランスが法人化(起業)するタイミング
フリーランスが起業するのに、税制上でお得なタイミングがあります。事業の成熟度やマーケットの状況など、起業の最適なタイミングにはさまざまな要素が関わってきますが。その内のひとつとして、節税につながるかどうかも考えてみてはいかがでしょうか。

価値観も重要

起業するのかフリーランスのままでいるのかを決めるには、やはり本人の価値観も大切でしょう。フリーランスと起業では事業規模や仕事内容の違い、そして責任の重さ等が異なるため自分が人生に何を求めているのか、といった点を重視する必要があります。どちらが優れているという話ではないため、自分にあったワークスタイルを選択しましょう。

まとめ

フリーランスと起業では様々な部分に違いがあるため、どちらを選択するかは本人次第です。低リスクで気軽に始めたいのであればフリーランスを、多少のリスクを背負ってでも大きなことを成し遂げたいのであれば起業といったところでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る